この分野の税金は下げてほしいと思うこと

この分野の税金は下げてほしいと思うこと

税金をなんだって下げてもらえるなら

● 39歳 女性
税金をなんだって下げてもらえるなら、それに越したことはないと思ってしまうものです。
とはいえ、税金で賄われている社会的なサービスは多々あるわけで、それらの利用料だと思えば、所得税・消費税・住民税・自動車税あたりは、たまに値上げされたりしても、仕方ないかなと思えなくもありません。

でも、こんな税金は無いといいのにと思ってしまうのは、土地に関わる固定資産税とか相続税です。
だって、親の持ち物をもらったら税金がかかるなんて、なんだかとても納得のいかない気分になりませんか。親だって、その親から相続した時に税金を払っているのに、ひとつの土地をめぐって何回も税金を取ろうなんて、ちょっとえげつない気がしてしまいます。
そういう私個人の不満は抜きにして、相続税とか固定資産税が軽いといいな、と思う理由はもうひとつあります。私の住んでいるところは田舎なので、お屋敷林が点々と残っていて、樹齢何十年という見事な椎の木、樫の木の巨木を見ることが出来ます。
しかし、ご当主は高齢な方が多く、相続の際に税金が理由で相続放棄されてしまったり、売られてしまったりして、この見事な木が切られてしまったりすると、勿体無いなと常々思っているのです。
お屋敷林を眺めていると、この木を切れば、やっぱり地の神様はお怒りになるのではないかな、という気持ちになります。もっと現代的に言えば、自然保護の観点からも、大変な損失といえるのではないかというのが、そのもうひとつの理由なのです。

相続税を何代以上払ったら、もう払わなくていいとか、歴史的価値や環境上の価値の高い土地は、相続税を軽くする措置があってもいいと思うのですが、やはり不公平感が強いかもしれません。

Copyright 2017 この分野の税金は下げてほしいと思うこと All Rights Reserved.